年中行事

酉の市

十一月酉(十二支の十番目)の日に開かれる「酉の市」は、酉の待(まち)、酉の祭(まち)が市になったといい、祭りが市に昇華した好例として意義深い祭事です。
当日は、境内で熊手の縁起物が売り出され、神社では開運、商売繁盛の開運熊手神符「かっこめ」(千円)が授与されます。
開運熊手神符「かっこめ」とは、八本爪の熊手に稲穂・小判・金銀の鈴・開運神符が付いて、正に年の瀬を迎える縁起物のお札のことです。熊手は「かっこめ」「はっこめ」の囃子声にみるように、福運や財宝を掻きこむ、掃きこむという縁起から商売繁盛のお守りとなったと言われています。
「かっこめ」を授与された方は、その場で開運クジをお引きいただき、当たりが出た方には縁起物の「金箔入り・鯛金(たいきん)」をプレゼントいたします。

縁起物「金箔入り・鯛金(たいきん)」

開運熊手「かっこめ」 1,000円